おいしそうな料理を作ろう

>

お酒を飲む時に作ってみよう

炊飯器で作れるローストビーフ

肉に塩コショウをして下味をつけて、後は炊飯器に入れて加熱するだけでローストビーフを作ることができます。
お酒のおつまみになりますし、加熱する時間を決めたら放置するだけで良いので初心者でも簡単に作れます。
もちろん、ご飯のおかずにしても良いでしょう。
丼にご飯をよそって、その上にローストビーフを載せるとローストビーフ丼になります。

スーパーで安く販売されている肉でも、正しく調理すると柔らかいローストビーフになるので安心してください。
お酒のおつまみとして人気ですが、出来合いのローストビーフは高額で販売されています。
予算を削減したい人は、自分で作ってください。
作業工程が少ないので、すぐ調理に慣れると思います。

密閉容器に肉を入れよう

炊飯器を使っている時は、肉を密閉できる袋に入れて、鍋に投入してください。
ボイルすることでも、ローストビーフを作れます。
沸騰している鍋でボイルしてください。
加熱している間も、火を弱くしないでそのままの火力にします。
鍋でボイルすることでゆっくり加熱できるので、肉の内部までしっかり柔らかくなります。

肉が入るぐらいの大きさの鍋だったら、何でも大丈夫です。
小さい肉を調理する場合は、小さい鍋でも間に合うでしょう。
肉のサイズに合わせて、使用する鍋を決めてください。
ついでに野菜なども入れると、付け合わせの蒸し野菜が完成します。
同時進行でメイン料理も副菜も作れるので、時間短縮に繋がります。
急いで作りたい人に向いています。


この記事をシェアする